にほんブログ村 本ブログ 読書日記
にほんブログ村

スーパーノヴァの読書日記

主に本について書いています。たまにドラマや音楽や映画についても語ります。気軽にコメントいただけたら幸いです。

エッセイ

ここには僕がブログ内で書いたエッセイめいたものも含まれています。

春ドラマ大賞!

春ドラマは最終回まで観るものが多くて最高にホクホクしました(o^^o) 今回は特に面白かったものを3点挙げて、その中から大賞を決めたいと思います! 1.「コタキ兄弟と四苦八苦」 まだ最終回を残していますが、これは最高に分類できますね(^ ^) レンタル兄弟…

サイクリングで山手線一周

山手線……。 それは日本で1番使われている路線と言えるだろう。 新宿、池袋、上野、品川、東京。新幹線が停まる駅には山手線が停まる。日本で、いや世界で乗降客数のトップたちが山手線にある。 山手線はぐるぐる周る。昔、母親に山手線は世界を周っているの…

千葉、ドライブ、イントロ

先日、ハンマーチンパンジーともう1人の友だちと3人で千葉に行ってきました! ハンマーチンパンジーの黄色い車で行きました(^ ^) まずは海の中を走り、海ほたるへ! チーバくんと、なんか……魚 チーバくんは犬なのかな?かわいい(^ν^) 海ほたるから見る海…

レジェンドドラマについて

今回紹介したいのはドラマ「銭ゲバ」です。 マンガ原作で映画化したこともあるみたいです。 マンガは1970年発売して、ドラマは2009年に松山ケンイチさんが主演で放送されています。 このドラマは僕の価値観形成に大きく関わりました。 それでは物語のあらす…

裁判員裁判を昔話でやってみました④

お久しぶりです。今回は昔話法廷の第4巻について書いていきます。 このシリーズは書かずにはいられないですね。特に僕が前から気になっていた物語が出てきたのでテンションがあがりました。 今回は2つの事件の栽培院裁判です。 ひとつ目はブレーメンの音楽隊…

新日本プロレスについて

※今回は新日本プロレスの特にオカダカズチカの話だけです。事情を知らない方は置いてけぼりにします(^^) それでも読んでみて欲しいんだからね(๑>◡<๑)ツンデレ! 人物名は全て敬称略とします。また、チャンピオンと書くときは全てIWGPのヘビー級チャンピオンのこ…

冬ドラマについて⑤

1.「トップナイフ」 思い出した!僕はいつも天海祐希さんのドラマを観ていた。 女王の教室、Chef〜三ツ星の給食〜、緊急取調室などなど。天海祐希さんはプロフェッショナルの役がおおいですね。 トップナイフは脳外科医の話。天海祐希さんはすでに実力の認め…

冬ドラマについて④

1.「10の秘密」 これは困った。 僕の今年のなりたい顔はディーンフジオカさんだと決めたはずなのに主演は向井理さんだ。 このままではまた向井理さんに憧れてしまい、なりたい顔が向井理さんになってしまうではないかΣ(゚д゚lll) オープニングジョークはこの…

冬ドラマについて③

1.「SEDAI WARS」 僕はゆとり世代だが、その下の世代はさとり世代というらしい。 団塊の世代から見たら僕たちはきっと宇宙人に見えるのかもしれない。 総理大臣の大友康平さんは世代の代表者を決め、官邸に集める。 その人たちは「SEDAI」と名付けられ、SEDA…

冬ドラマについて②

1.「ゆるキャン△」 木曜深夜に放送されていたドラマだが、タイトルからは何の想像もできない。 主演は福原遥さんだ。初めましての方ではないが、よくは知らないお方だ。深夜ドラマは新たな出会いがあるのが楽しい。 このドラマはオープニングがすばらしい。 …

冬ドラマについて①

今季はタイトルやキャストで観たい!と思える作品が少ないなぁ。中身で勝負なのでしょうね。 僕も内面を磨かなくては! 1.「アライブ がん専門の医のカルテ」 今季は医療系ドラマが4つもあるらしい。 主演は松下奈緒さんだ。とても美人&背が高い。 がん専門…

大真面目にタイムリープについて考えた

さて今回は問題作となる予定です。 幽霊やネッシーを信じる僕ですが、タイムリープを信じていないです。それは矛盾しているよ!とツッコミを入れられるかもしれませんが、これが僕の科学観なのです。 他に並行世界・パラレルワールドも信じていません。 物語…

王蟲について考えた(富士旅行で得たもの)

先日の富士旅行はとても得るものの多い旅でした。今回は旅の車中で印象に残っている話を中心に書いていきます。 車中では友だちとジブリの話になり、「風の谷のナウシカ」についてお話を聞くことができました。 僕の王蟲は全滅させるべきだという発言にはぷ…

富士に旅行に行ってきました!

年末に友だちと富士旅行に行ってきました(^ ^) 今回はなんと、ハンマーチンパンジーと一緒ではないです。奴はお留守番にしました(笑) また今度行こうね(^ ^) というわけで今回は風景の写真が中心です。 最後にガイド本を紹介したいと思います。 ちょっと年…

年末の挨拶と今年最後の一冊

今年も残すところあとわずかとなりました。 このブログを読んでくれた皆さま。今年はどうもありがとうございました。 来年もよろしくお願いします。 大晦日は忙しいかと思うので、今日は短めにします。 僕がこのあと格闘技を観なければいけないせいでもあり…

猫と俳句と紀伊國屋新宿本店

「ねこはい」南伸坊 昨日は仕事納めでした。 年末年始を楽しく過ごすために、また本をたくさん買ってしまいました。 今回行った書店は紀伊國屋新宿本店です。 ここは超大型店で、ときにはサイン会などのイベントも行われる、テーマパークのようです。 いや、…

トナカイは空を飛ぶのか

今週のお題「クリスマス」 伊坂幸太郎さんの「クリスマスを探偵と」では、トナカイは飛ぶと書かれています。 これはアメリカの農務省の資料にトナカイが飛ぶ姿が写真付きで載っているみたいです。 僕はそれを信じます。伊坂幸太郎さんは嘘をつかない作家さん…

僕の科学観について

「科学オタがマイナスイオンの部署に異動しました」朱野帰子 ① 人には人の乳酸菌!とはCMの言葉ですが、人には人の科学があるなぁとしみじみと思います。 それぞれの科学を大事にして欲しいと同時に、相手の科学を否定してはいけないと強く思います。 そんな…

アール座読書館で差別について考えた

今回は高円寺にある「アール座読書館」に行ってきました。 高円寺は東京のベッドタウン、もしくは若者の街です。 よく下北沢と比べられますが、下北沢はおしゃれな芸術の街で、高円寺は古びた雰囲気で古着で有名な街です。 高円寺にはダチョウ倶楽部さんの目…

たくさん本を買ってしまいました。

今日は兄に呼ばれて実家へ遊びにきました。 まぁ大した用事ではなさそうなので、近くの書店へ。 店内は大分変化がありました。昔は小説が多かったのに今はラノベとマンガの面積が増えていました。 さて、今回は趣向を変えて買った本の紹介です。 まずは今回…

うん!モテたい!!(モテ本、再び)

今週のお題「2019年買ってよかったもの」 始めにお題に沿った「もの」を紹介します。 このピンクのやつです。 こいつは光に反応し、起きているであろうときはシュパッと良い匂いを出してくれる某エステーの商品です(^ ^) (普段はテレビの前に置いています。…

ドラマ「決してマネしないでください。」最終回

12月14日放送の第8話は最終回だった。 これも大号泣だったな。 最終回ではタイムマシンとたかしくん問題を扱う。 前回ではクリスマスを前にして壮絶にフラれた掛田くんだったが、飯島さんへの想いは消えていなかった。 外国の大学への研修を控えた掛田くんだ…

一日一冊のブログの8ヵ月目でお願いがあります。

一日一冊のブログを始めて8ヵ月が経ちました。 今まで読んでくれた皆さま。本当にありがとうございます。 このブログを書いていなければ出会えなかった方が多くいます。とても支えになっています。 このブログを書いていなければ出会えなかった本や出会えな…

謎解きと人狼ゲーム

※この記事では「すごいニオイ」についてのお題を頂いていますが、かなり無視しています。そろそろはてブ陣営に怒られるのかな? 今回はハンマーチンパンジーと一緒に謎解きイベントに。 僕はあの探偵のように謎を呼ぶ体質ではないので謎を欲したならイベント…

今年のドラマ大賞

2019年は早くも暮れに近づいています。 この時期はこれを決めねばなりません。 そう!今年のドラマ大賞です!! 今年のドラマ大賞とは今年から僕が勝手に始めた賞のことで、今年に観たドラマの中で一番気に入ったドラマにあげる賞のことです^_^ いつかこの賞…

僕が求める主人公像について

「スタフ staph」道尾秀介 今回はちょっとお悩み相談というか、僕が読書で抱える問題について書きたいと思います。 それは何度か書いたリアリティ問題とはまた別です。 ちなみにリアリティ問題はこの場面でこの行動をするか?このセリフをはくか?というシー…

もうすぐ、冬ですね。

今週のお題「紅葉」 今回はお題から発想を飛ばして季語について書きます。 というとプレバトみたいですね。 プレバトをご存じない方はすみません。毎週芸能人が俳句を詠む番組です。僕の中で今、特に面白いバラエティ番組なのです。 お題は紅葉でいただきま…

ピースと又吉直樹さんの話をします。

「火花」又吉直樹 ※今回は脱線しまくりです(^ ^)今回もかな? 又吉直樹さんはピースというお笑いコンビのボケ担当です。 相方の綾部さんは熟女好きで知られ、今はニューヨークで何かしているみたいです(^^) 英語も得意とは言えない中、単身ニューヨークに渡…

「博士の愛した数式」と「物語の役割」

今回は小川洋子さんの本を2冊紹介させていただきます。 始めは「博士の愛した数式」です。 これは感動長編ですね。映画化もされました。 本屋大賞を受賞したのもうなづけますね。 家政婦さんが派遣された家には博士が1人暮らしです。 博士は交通事故で脳を損…

「僕の人生には事件が起きない」岩井勇気

岩井勇気さんのコラムは何度かYahooニュースで読ませていただきました。 それは組み立て式の棚の話と同窓会での嫌な奴の話でした。 特に同窓会の話は面白く、あっという間に読めてしまったので、これは何文字だ?と疑問感じ、調べたことを思い出しました。 …