スーパーノヴァの読書日記

主に本について書いています。たまにドラマや音楽や映画についても語ります。気軽にコメントいただけたら幸いです。

雑学&自己啓発

生き物の本やビジネス本を集めています。

読書感想文を横山秀夫さんで

「誰でも書ける最高の読書感想文」 斎藤孝 「影踏み」 横山秀夫 新しい試みですが、読書感想文の書き方を斎藤孝先生に教わった僕が、「影踏み」についての感想文を書きたいと思います。 上手くできるか分からず震えているのは、当時夏休みの宿題で読書感想文…

アドラー心理学は世界を救えるか

「嫌われる勇気」 岸見一郎 古賀史健 大仰しいタイトルをつけてしまいましたが、心理学で世界を救うのは無理です。この世には心理学を知らない人の方が多いし、流派なるものが存在して心理学者同士でも争いがあるからです。 しかし、ものの見方を少し変える…

「わけあって絶滅しました。」 監修 今泉忠明

本書には自然によって絶滅した動物と人間が絶滅させてしまった動物が出てくる。 絶滅してしまった動物のコメントは愉快だが考えさせられることも多い。 例えばドードー鳥∧( 'Θ' )∧は飛べない上に警戒心も薄いから戦時中の人間にあって乱獲され、絶滅した。素…

「東大家庭教師の結果が出るノート術」 吉永賢一

東大ブームの勢いが凄いですね。僕も東大王は毎週楽しく見ています。 その中でも東大女子の鈴木光さんはプレバトにも出ていて素敵な俳句を作っているので凄いですね。 今、書店に行くと参考書や教育書のコーナーに東大と名のついた本をたくさん見つけられる…

「えげつないいきもの図鑑」 大谷智通

突然ですが、僕たちの身体は奇跡でできています。 そしてそんな僕たちを支えてくれるのは身体の中にいる菌です。そして虫たちです。 世界中の生き物のうち虫たちで75%以上を占めています。常に感謝しながら過ごしましょう! おっとここからは話し方を戻しま…

徹底的な上から目線が心地いい

「新・魔法のコンパス」 西野亮廣 敬愛する西野先生の本をようやく読むことができました。最近の活躍はめまぐるしいものがありお忙しい中、僕たちのために執筆してくれたこと、本当に感謝いたします。 本書は最後まで口語調の文章で書かれていて先生と会話で…

「ざんねんないきもの辞典」 今泉忠明・監修

今大人気のざんねんないきものシリーズ第一弾です。 生き物の残念な生態とコミカルな絵が最後まで楽しく、大人の方でも楽しめる一冊だと思います。 唯一の弱点は書店では児童書コーナーに置いてあることですかね。 ちょっと立ち読みしてニヤケてしまうと、周…

ビジネス書の読み方について

「『いい質問』が人を動かす」 谷原誠 今回は僕が実践しているビジネス書の読み方を中心にお話しできればと思います。 ビジネス書とは自己啓発書やお金の増やし方、働き方や専門書のことだと考えて書いています。 そんなこと知ってるし、やってるよという人…

「ぜったい人に嫌われない技術」 内藤宣人

ようやく大型連休もおわりですね。 僕は今の本に囲まれている職場は好きなので休みが終わって嬉しいです。(本音ですよ。) でも仕事が嫌だったり、会いたくない人がいたりと憂うつな人もいることかと思います。 今回は新しい人間関係が築かれつつあるこの時…

「爆発的進化論 1%の奇跡がヒトを作った」 更科功

僕は生き物が好きで休みの日は一人で動物園に行くこともある。 井の頭動物園にある亀の水槽の前で小さい子どもとポジションを争ったこともある。 そこに子どものお母さんがやってきては小声で「お兄さんに譲ってあげなさい」と言っていた。 あとで罪悪感で胸…