スーパーノヴァの読書日記

主に本について書いています。たまにドラマや音楽や映画についても語ります。気軽にコメントいただけたら幸いです。

冬ドラマについて②

1.「ゆるキャン△」

木曜深夜に放送されていたドラマだが、タイトルからは何の想像もできない。

主演は福原遥さんだ。初めましての方ではないが、よくは知らないお方だ。深夜ドラマは新たな出会いがあるのが楽しい。

このドラマはオープニングがすばらしい。

広大な自然の映像と仲間の4人の女子。POPな曲もいいし、登場人物紹介に女子しか出てこないのも好感がもてる。

このドラマはどうやらキャンプの話らしいな。タイトルはゆる〜くキャンプする、といったところだろうか。

こういう何も起こらないようなドラマは、小説ととても合う。小説片手にドラマを流すのが、僕のストレス解消法だ。

 

2.「僕はどこから」

主演は中島裕翔さんだ。ジャニーズの人かな⁈

マンガが原作みたいで主人公は売れない小説家で特技は他人の頭で考えることができる。

超共感能力といったところだろうか。

それを犯罪に使うのところまではわかったが、第一話だけでは続きが全く想像できなかった。

今のところ、続きが楽しみだ。

 

3.「コタキ兄弟と四苦八苦」

これぞテレ東ドラマらしい、のほほんとしか進まないドラマだ。

コタキ兄弟の兄は神経質で繊細、弟は大雑把な性格が災いしたのか、奥さんから離婚しようと言われている。

この2人は今無職なのだろうか、ひょんなことからレンタル親父で1時間千円で人助けをすることになる。

第一話は市川実和子さんがゲストだった。

市川実和子さんは顔中血だらけなのだが、治療を拒み、離婚届の保証人欄にサインして欲しいとコタキ兄弟に依頼する。

夫のサインも他のレンタル親父がしていたこともわかったので、これに加担することは文書偽造の犯罪になりそうだが、僕だったらサインするかもしれない(^◇^;)

ゆるキャン△ 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

ゆるキャン△ 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

  • 作者:あfろ
  • 出版社/メーカー: 芳文社
  • 発売日: 2015/12/04
  • メディア: Kindle版
 
僕はどこから(1) (ヤングマガジンコミックス)

僕はどこから(1) (ヤングマガジンコミックス)

  • 作者:市川マサ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/06/06
  • メディア: Kindle版