にほんブログ村 本ブログ 読書日記
にほんブログ村

スーパーノヴァの読書日記

主に本について書いています。たまにドラマや音楽や映画についても語ります。気軽にコメントいただけたら幸いです。

大真面目にタイムリープについて考えた

さて今回は問題作となる予定です。

幽霊やネッシーを信じる僕ですが、タイムリープを信じていないです。それは矛盾しているよ!とツッコミを入れられるかもしれませんが、これが僕の科学観なのです。

他に並行世界・パラレルワールドも信じていません。

物語として読む分にはとても面白いのですけれどもね。

でもとてもロマンがあることなので、いつかはできるようになるのかもしれません。

ということで、今回は今ある科学でどうしたらタイムリープができるようになるかを真剣に考えました。

過去に行く方法と、未来に行く方法ですね。これは後で詳しく書きます。

 

 まず、タイムリープと似てる言葉としてタイムトラベルやタイムスリップがあります。これらは少しずつ違うとも言われていますが、今回は同じ意味として扱います。

タイムリープを僕の中で定義づけすると、過去や未来に行き、その時の光景や音を感じるようになることとします。

妄想であったり、映像だけであったりはダメということですね。

 

ここまでをまとめますと、タイムリープってとても楽しそう(*⁰▿⁰*)

過去に行ってあの子とやり直したい╰(*´︶`*)╯♡

未来に行って儲かる株を覚えて帰ってきたい(^ω^)

と誰もが一度は思ったかもしれませんが、その手段がありません。もし仮にタイムリープに成功しても、現在に戻ってこれる保障はどこにもありません。

タイムリープした方で、無事に戻ってこられた方がいたら、お会いしたみたいものです。

 

さて、それでは今の科学で、未来に行く方法です。

音速を超えれば時は遅くなるとか、飛行機でずっと移動し続ければ、みたいな話も有りますが、今回は採用しません(^ ^)

これからお話することは既にプロジェクトは動き出していますね。

それはコールドスリープです。僕の大好きなマンガの「アウターゾーン」でも描かれていますし、「世にも奇妙な物語」などでも描かれています。

これは人間を凍らせて、肉体や記憶を、一度ストップさせます。何年後か何十年後に解凍すると、未来にきた感覚となるでしょう。

これは難病治療に役立てることができそうです。

あとは、脳の移植です。老人の脳を若者の頭に入れれば、若返ることで他の人より長い未来を味わえるようになるのでしょう。

最近、実際に脳の移植が行われそうになりました。

これらはどちらも命の危険がありそうですね(^◇^;)

僕のおすすめは、宇宙ステーションで眠り続けることです。

宇宙空間で地球の情報を一切遮断して、筋トレとお肌のケアだけをし続けます。

何年か何十年か後に地球に帰ってきたときには未来にきたような感覚になっていることでしょう(^ ^)

いずれにしても過去には戻れないので、未来に来た新鮮味はすぐに失われるのでしょうね。

 

今回はこんな感じですよ。ね。問題作でしょう⁈

 

それでは過去に行く方法です。でも過去には戻れないので、過去を覗く方法について考えました。

日本は防犯カメラが多い国です。現在の日本国内すべての防犯カメラの台数を100と仮定します。

まずは、これを1万ぐらいまで増やします。家でいうと各部屋に1個以上、生まれた瞬間から防犯カメラの携帯を義務付ければ、どんな出来事もカメラが記憶してくれます。

最近はどの車にもカメラが付くようになってきましたね。自転車にもつけてしまいましょう!

あとは防犯カメラを主観映像のように繋げれば、過去に起きたどんな出来事も覗くことができます。

これでは映像と音しか楽しめませんが、過去に行ったっきりで戻れなくなるよりはマシでしょう^o^

 

と、ここまで書いてみたものの、あまりロマンティックではありませんね。

30歳を過ぎて感じたことは、昔思い描いていた自分とはまったく違うということです。

今を精一杯に生き、ときにはサボり、ときには眠り続け、健康に悪いものこそ美味いと暴飲暴食を続けてここまできましたが、そうして今があります(*⁰▿⁰*)

これからも精一杯に今を生き、ときには自制をしながら生きていこうと思います。未来は明るい!はずです(^ ^)

強引にまとめてみました(๑>◡<๑)

ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)

ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)

  • 作者:七月 隆文
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2014/08/06
  • メディア: 文庫
 
時をかける少女 (角川文庫)

時をかける少女 (角川文庫)

  • 作者:筒井 康隆
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2012/10/01
  • メディア: Kindle版
 
九月の恋と出会うまで (双葉文庫)

九月の恋と出会うまで (双葉文庫)

  • 作者:松尾 由美
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2016/02/10
  • メディア: 文庫
 
パラレルワールド・ラブストーリー

パラレルワールド・ラブストーリー

  • 発売日: 2019/12/11
  • メディア: Prime Video
 


タイムリープやパラレルワールドのある物語を並べてみました(^ ^)

この中で「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」はとても感動的でした。いつか書くかも。

やっぱり書かないかも(^.^)