スーパーノヴァの読書日記

主に本について書いています。たまにドラマや音楽や映画についても語ります。気軽にコメントいただけたら幸いです。

「璃子のパワーストーン事件目録」篠原昌裕

副題「ラピスラズリは謎色に」

 

パワーストーンの効果・効能は信じきれていませんが、身につけている人は豊かなように見えます。持っていると幸福につながるんですかね(^^)

パワーストーンは見た目が美しいですね。美しい物を身につけている人は美しく見えます。それに、パワーストーンに詳しい人には憧れてしまいます。もっともハマりすぎてしまうようならば、心配になってしまいますが(^_^;)

 

本書のキーアイテムはパワーストーンです。鉱石ですな。これは花と似ている部分はありますね。

自然を見て美しいと思うかは受け手の感性によるものですが、鉱石も花もそれぞれに役割りや意味があります。花言葉があれば、石言葉もあります。

例えば、ラピスラズリには「最強の幸運をもたらす、聖なる石」という意味があります。これの紫色は美しくてとても神秘的です。

ルビーも良さそうですね。

これは「愛と勝利をもたらす、情熱的な石」とのことです。宝石言葉は「情熱・慈しみ・威厳・愛・勇気」です。

ルビーのピンクはとてもキレイで好きな色なので、安かったら手に入れてみたいです。

(これらの情報は『天の根』というサイトの引用です)

 

というわけで、プロポーズのときは101本のバラとルビーの指環を渡したいものです。サングラス🕶もかけて渡せばウケるかも(^^)

それとも、指環はダイヤモンドの方がいいですかね?婚約指環は給料の3か月分ですか?今の時代だと一緒に買いに行くのがいいのかな?

うーむ🤔わからん。けれど相手がいないことを思い出したので、まだまだ考える必要は無さそうです( ;  ; )

 

さて、このままでは通販チャンネルになってしまうので、本の紹介といきましょう。

本書は日常の謎系ミステリーです。

璃子が探偵役かと思わせといて、璃子のお兄さんが探偵役です。

お兄さんは鉱物学者です。石好きの草食系です。

対する璃子は肉食系の要素があり、ダメな男が好きそう&騙されやすそうです。愉快な主人公だ(^.^)

表紙の娘が璃子です。高校生に見えて大学生です。基本的に幼い娘ですね(^ ^)

 

謎のほとんどは大学で起きます。

そしてほとんどの謎を兄が解きます(笑)

謎は比較的弱めですが、殺人未遂事件もあります。

すべての事件には鉱石が関わります。このような芸術肌の小説は読後、頭が良くなった感覚に浸れますね。

ほかの見どころは兄妹のイチャイチャです。

兄は妹を「璃子ちゃん」と呼び、璃子は何でも「お兄ちゃん」と相談します。

こんな仲の良い兄妹は見ていて飽きません。これは続編希望や〜(((o(*゚▽゚*)o)))

f:id:oomori662:20200107101349j:image

これまた宝島社のこのミス大賞シリーズの文庫です。

そろそろカテゴリーに「宝島文庫」とか「このミス大賞シリーズ」とか作ろうかなぁとも思うのですが、大抵の場合、本は面白そうだから買うのであって、どのレーベルから出てるとかは気にしないですよね(^◇^;)