スーパーノヴァの読書日記

主に本について書いています。たまにドラマや音楽や映画についても語ります。気軽にコメントいただけたら幸いです。

「ストロベリーナイト」誉田哲也

誉田哲也さんの小説については既に何冊か書いていて、このシリーズの続編も2作書いています。

なのにシリーズ最初の本書を書いていなかった〜(๑>◡<๑)

ということで、ネタバレを少し込みで書いていきます。

 

主人公は姫川玲子です。

姫川玲子は竹内結子さんと二階堂ふみさんが演じていますが、僕の中では竹内結子さんが姫川玲子なので、そのつもりで進めていきます(^^)

姫川は男勝りの性格で、言葉遣いも荒いので、僕が好きになれそうにないキャラです。特に序盤はトゲトゲしていました((((;゚Д゚))))コワイ

周りからは姫と呼ばれているんですけどね。

 

姫川は高校生のときにレイプされたのがトラウマです。

被害にあったときに、姫川の話をじっくり聞いてくれて、助けてくれた婦警さんに憧れて刑事を目指しました。

この出来事を知っていて、揺さぶりをかけてくるのが、勝俣健作・通称ガンテツです。武田鉄矢さんのイメージです。

彼は悪役ですね。出世を愛し、手柄を立てる為なら何でもします。姫川に意地悪するのは姫川が好きだからではなく、姫川に手柄を渡したくないからです。

ただ、情報屋にお金を渡すのは違法捜査ですが、貰った情報で事件を解決させるのは爽快です。

亡くなった仲間のために行動する、熱さも魅力的なキャラクターで、姫川とは犬猿の仲ながら、どこか憎めません。

 

事件の始まりは溜め池の植え込みにビニールシートに包まれた男の惨殺死体が見つかったことから始まります。

そこからは姫川劇場です。

やれ、池の中には死体がたくさんあるだのとのたうちまわり、それを的中させ、ストロベリーナイトとネットで呼ばれる殺人ショーの捜査を任されます。

ここまでのほとんどを勘で捜査しています。

この辺りは認めがたいですね〜。

そして大切な仲間を………。

 

このシリーズの特徴のひとつには犯人のキャラクターがよいことが挙げられると思います。

本書の犯人はストロベリーナイトの主催者です。

ストロベリーナイトは殺人ショーを中継するチャンネルの名前です。このショーでは観覧者の中から無作為に一名を選び、処刑します。

観覧者は殺人が目の前で観られるという高揚感と、自分が被害者になるかもしれないという、危機感が楽しめます。

いや〜、狂ったショーですねー(^◇^;)

 

僕としては本作もとても楽しかったのですが、次作の「ソウルケイジ」は落ち着きのある捜査がおすすめです。

警察ミステリーで最高級におすすめのシリーズです。

f:id:oomori662:20200103140825j:image