スーパーノヴァの読書日記

主に本について書いています。たまにドラマや音楽や映画についても語ります。気軽にコメントいただけたら幸いです。

元旦の楽しみと言えば「相棒」

「杉下右京の多忙な休日」碇卯人

 

僕の嫌いな警察官のNO1.は右京さんですが、ドラマも小説も映画も面白いのは認めざるを得ないです。

右京さんの嫌いなところは、正義のためなら違法捜査をしてもいいと思っているところです。

僕は彼の、数多くの犯罪を観てきました。

不法侵入はもはや当たり前です。鍵のかかってない部屋は入ってもいいと思っているそうです(^_^)

捜査権のない現場に行くだけでも不法侵入ですし、ペンを落とし、それを拾わせて指紋を採取しても証拠にはなりません。

最近は青木くんにパワハラもしていますね〜。

でも、殺人だけは認めていません。人の命を大切にしているところだけは、感動的です。

 

僕は数年前まで、なりたい顔の1位に及川光博さん(以下、ミッチー)がいました。そのミッチーの活躍の場を奪っていたのも嫌でした。

それにしてもミッチーはとてもかっこいいですね。以前、スーツを買うときに「ミッチーが着てるようなスーツを下さい」と言い店員さんを困らせたことがあります。若気の至りですね。

このエピソードは以前にも書いたことがあるのですが、僕の仕事のひとつにミッチーの啓蒙があります(^_^)

 

相棒の映画はとても面白いですね。

「相棒」を観に行こうよと女性を誘うとお断りされるのですが、それは僕の実力不足ですね(≧∀≦)

映画はすべて観ていますが、IIIが特に面白かったです。当時は成宮くんが相棒でした。

これは馬が人を蹴り殺したが、事故か殺人のどちらなのかを捜査する話でした。

そして、本書にも動物の殺人がありました。

 

それは「哀しきグリズリー」という話でした。

舞台はアメリカのアラスカ州ジュノー村です。

右京さんは休暇中です。休暇中に事件に巻き込まれるのですから、右京さんもコナン感がありますね⁈

ちなみに甲斐くんは訳のわからないダークナイト事件で、警察を辞めて、右京さんは無期限の停職処分中です。

ジュノー村では人食い熊の話で持ちきりでした。

そこに熊牧場での事故と動物虐待が絡み、事件は複雑になりますが、右京さんの見事な推理力で解決させています。

現地の警察官と協力しながら推理する右京さんは新鮮ですし、このシリーズでは違法捜査は少なめです(^^)

 

ドラマを観ているとき、右京さんにツッコミを入れながら観るのが楽しいのですが、本書でもそれはできます。

碇卯人さんが書く文章は背景や行動がとてもわかりやすいので、まるで右京さんが脳内で暴れまくっているかのようで、面白いです。

今年の元旦スペシャルでは右京さんが誘拐されるとかされないとからしいですよ。

ミッチーに出てきて欲しいなぁ。

f:id:oomori662:20191222232834j:image

僕は秋田と北海道の熊牧場に行ったことがあります。

エサを買い、熊さん🧸がたくさんいる広場に投げ入れるのですが、熊さんと熊さんの間に投げてしまうと、彼らはケンカします。

それを楽しそうに眺める人は多いのですが、僕はただただ怖かったです。

f:id:oomori662:20191223005345j:image

余談は続きます。

この写真は北海道の熊牧場で、アヒルレースに出ていたアヒルさんです。

この黄色さ、かわいくないですか?

アヒル口をする女性もかわいいですが、アヒルさんもかわいいです。というと、僕がぶりっ子好きなのがバレてしまいますね(^ ^)