にほんブログ村 本ブログ 読書日記
にほんブログ村

スーパーノヴァの読書日記

主に本について書いています。たまにドラマや音楽や映画についても語ります。気軽にコメントいただけたら幸いです。

ピースと又吉直樹さんの話をします。

「火花」又吉直樹

※今回は脱線しまくりです(^ ^)今回もかな?

 

又吉直樹さんはピースというお笑いコンビのボケ担当です。

相方の綾部さんは熟女好きで知られ、今はニューヨークで何かしているみたいです(^^)

英語も得意とは言えない中、単身ニューヨークに渡る勇気はすごいですよね。又吉さんの芥川賞受賞に影響を受けたのでしょうか。

 

ピースを僕の中で印象づけたのは2010年のキングオブコントの準優勝でした。

惜しくも優勝はキングオブコメディに譲ってしまいましたが、あの大会での最高得点を記録しました。

最高得点を記録したネタの題名は「男爵と妖怪」としてYouTubeなどで紹介されています。

詳細は違うかもしれませんが、あらすじの紹介です。

 

男爵役が綾部さん、三つ目で角(ツノ)のある妖怪役が又吉さんで原宿にお散歩に出かけています。

妖怪は道中わがままを言います。クレープが食べきれないだの、プリクラを撮りたいだの。

男爵は乱暴な言葉を使いながらも、わがままを聞いてあげます。ツンデレというやつですね(^^)

このお散歩は妖怪がジーパンが欲しいということで連れてきてもらっていましたが、妖怪はいざ、ジーパンを買いに行くときに怖気づきます。

「僕みたいな妖怪がジーパンをくださいなんて、おかしいよ。」

実はこのお散歩に3万円のお小遣いをもらっていた妖怪でしたが、お小遣いは全て明治神宮に投げてしまっていました。

男爵はそんな妖怪を叱りますが、館の掃除を条件に出し、ジーパンを買ってあげようとします。

それでも「角を見られるのが恥ずかしい」と怖気づく妖怪。そんな妖怪を励ますためにとった男爵の捨て身の行動とは………。

愛です。

 

ちょっと分析すると面白ポイントは3つです。

それは原宿という奇抜なファッションの方が集まる場所に本物の妖怪。妖怪の人間らしいかわいさ。男爵のやさしさでした。

このネタを観てピースが好きになりました。とても文学的なコンビだなぁと。

 

ピースを好きになるにつれ又吉直樹さんにも興味を持つようになりました。

相方にクレイジーな綾部さんを選ぶのも文学的ですが、又吉さんの親友には千鳥の大吾さんがいます。

大吾さんは稼ぎのほとんどをギャンブルとお酒に使うような遊び人です。

そんな大吾さんは事あるごとに又吉さんに聞きます。「(ギャンブルで金がないんじゃ。)これは文学かの〜?」と。

又吉さんは「はい。それは、文学です。」と答えるらしいです。又吉さんにそう言われたらとても励まされますね。

僕も日々感じたことは、これは文学なのかなって考えるようになりました。

 

最近、読み友さんにヘウレーカという番組をおすすめしていただきました。そしてヘウレーカには又吉さんが出ているのを見つけました。

ヘウレーカはNHKの教育番組です。毎回学者さんをお招きして又吉さんが話を聞いていきます。

お招きする物理学者や経済学者さんの知識と又吉さんの文学性がかけ合わさって、観てるだけで頭が良くなったような感覚に浸れる番組で、とてもおすすめです(^^)

 

最後に少し、小説「火花」の話です。

これは売れない芸人の徳永が天才肌の芸人・神谷と出会い、成長していく物語でした。

芸人とはなにか。笑いとはなにか。人間とはなにかを文学的に捉え、書ききっています。

ドラマ化も映画化も果たしている小説です。

ドラマ・映画・小説での漫才もおすすめですが、「男爵と妖怪」のコントもおすすめです!

f:id:oomori662:20191124221227j:image