スーパーノヴァの読書日記

主に本について書いています。たまにドラマや音楽や映画についても語ります。気軽にコメントいただけたら幸いです。

その池の水、全部抜いていいの?

「外来生物大集合!おさわがせいきもの事典」 加藤英明 監修

 

始めにタイトルに対する僕の答えですが、池の水、抜いていいです(^^)

最近はタイトルに変化をつけるのが僕のブームなのです。

池の水は抜く必要があるのでしょうし、きれいな水の方が中の生き物たちやそれを眺める僕たちも嬉しいだろうと思います。

本書は外来生物の紹介とそれによる被害をまとめた本です。本の帯にはあのテレビ番組の名前がでかでかと書いてありました。

テレビ東京の「池の水ぜんぶ抜く大作戦」のことです。

本書の監修を務める加藤英明さんはあの番組でお馴染みの方です。

これははとても面白い番組ですね。たまに観ては亀さんの映像に癒されています🐢🐢🐢

ただ、観ていて気になったのは外来生物を憎みすぎじゃない?という疑問です。

これを兄に問いかけるとケンカになりました。

「やつらは生態系を壊す。だから退いてもらうんだ」との答えでした。

 

果たして本当にそうなのでしょうか?

僕は納得するのに時間がかかるのです。

セリーグにDHはいらないし、交流戦やCSもいらないです。(そうです。いつもの脱線です)

外来生物とは何か、自然を守るとは何か、とても気になりました。

そして、本書にその答えはありました。

 

外来生物とはその土地に本来はいなかった生物を指す言葉みたいです。

外国から来た生物じゃなくても外来生物です。

例えば関西出身のヌマガエルさんが東日本に来るとそれは外来生物です。彼らが東日本でデカい顔をしていると東日本在住のツチガエルさんの居場所がなくなるんですね。

それは問題だと僕も思いました。「みんな仲良くして」ってやつです。(この言葉、流行らせたい)

 

本書で特に気になったのはブラックバスさんとマングースさんでした。

ブラックバスさんは最も有名な外来生物ですね。外国から来た彼は手加減をしらず、先住民の魚さんやカエルさんはもちろん、鳥さんやネズミさんまで食べます。

この生物の紹介の見出しが

「釣り人に人気。だがふざけるなでした。

釣りのために輸入したのに、管理しきれず、殺されてしまう。とてもかわいそうですね。

未だにブラックバスさんを川や池に捨てる人がいるみたいです。それは、やめてほしいです。

 

マングースさんも少しブラックバスさんに似ています。

彼が沖縄に来たのは1910年。ハブさんが人を噛んでしまう被害で沖縄の人はハブさんを退治することを決めました。

そこで編み出した手はマングースさんを外国から呼んで退治してもらうことでした。

当時はハブ対マングースはショーになるなど、彼ら同士の戦いを人々は期待していたみたいです。

誤算があったことはすぐに気づきました。

彼らは島で最強同士だったのです。最強同士が戦うとどちらかは傷つきます。

ならば戦わずに楽に勝てる相手とだけ勝負すればいいです。

こうして、沖縄で貴重なヤンバルクイナさんなどはマングースさんに食べられていきました。

あと、これが大問題でしたが、マングースさんは昼に活動しますが、ハブさんは夜行性です。

それでは彼らは出会いづらいですね。

その後、人間たちは本気で狩りをして、ハブもマングースもやっつけていきました。

ハブさんの処遇は仕方ない部分もありますが、マングースさんは連れて来られなければ死ぬことはありませんでした。

今はマングースさんの生き残りはほとんどいないみたいです。それはとても悲しいことですね。

f:id:oomori662:20191107123045j:image