スーパーノヴァの読書日記

主に本について書いています。たまにドラマや音楽や映画についても語ります。気軽にコメントいただけたら幸いです。

動物園でダイエット

「続 ざんねんないきもの事典」今泉忠明 監修

 

女性の方にとって、ダイエットとは常に身近にある、嫌なもの、もしくは取り組まなくてはいけない課題のように思います。

男性の方はダイエットというと筋トレに走りがちで、上手くいくとモテ期がくるみたいです。

父は50を過ぎて「モテ期がきたぞ!」と嬉しそうに話していました。

(母はそれが勘違いであることを論理的に伝えていて、見ててハラハラしながらも面白かったです)

 

今回はテーマをダイエットとして、このブログを読んでくださる皆様にお役に立てる話を文学的にお伝えできればと思います。

もちろん本の話もします。

 

まずは僕の太った話でお腹を空かせてください^_^

僕は一時期、夕食の後のデザートでカルボナーラを食べていました。

もちろん(⁈)、デザートのカルボナーラの後にスーパーカップのバニラ味は欠かせませんでした。

その生活を続けたら太るのは当然ですよね。

セブンイレブンのカルボナーラは中毒性があります。

皆様もぜひお試しください。黒胡椒と罪悪感がいいアクセントで絶品ですよ。

 

さてダイエットで1番手っ取り早く結果を出すには、食べないで運動することですよね。でもそれは健康を害すし、楽しくありません。

様々なダイエット方が世に出回る中、自分に合ったダイエットを探すのはとても大変ですが、どんな方法であっても楽しくありたいですよね。

僕が実践していたダイエットは楽しさは保証します。(動物園好きに限りますが)

このダイエットに名前をつけるなら、

「動物園で1万歩歩くまで帰れまテン」です。

方法はタイトルの通りです。

これで70㎏あった僕の体重はすぐに50㎏まで落ちました。

 

まず、上野動物園の年間パスポートを買います。年パスは4回行けば元が取れる値段で買えます。最低4回は行きましょう!

後は好きな動物めがけて歩き回るだけです。

僕は猛禽類を一通り見てから爬虫類館で亀🐢を心ゆくまでながめ、園内のカフェでパンダちゃんアイスを食べます。

アイスを食べながらの読書が至福の時なのです。本は動物に関わる本を選びます。

園内のカフェで読書しているのは僕だけなので少し恥ずかしいですが、動物たちを理解したい気持ちが勝ります。

そして最後はハシビロコウ先生に挨拶して、帰ります。

これで1万歩です。足りない時は2周目を頑張りましょう。痩せるのは間違いなしです!!

(ただし、途中で食べたアイスのカロリーは計算しないものとする)

僕はまた太り始めてきたので動物園通いを始めるか検討中です。


f:id:oomori662:20191027105840j:image

f:id:oomori662:20191027105844j:image

f:id:oomori662:20191027105836j:image

ここからは本の話とハシビロコウ先生への手紙です。

 

ハシビロコウは本書ではざんねんないきものとして紹介されていますが、残念な理由は「待ちの姿勢だから」ですよ。

これは納得いかないです。ねぇ、先生。

先生は無駄な動きをせずに、魚が自ら寄ってきたとき、確実な狩りをする凄腕のハンターですよね。

でそんな先生を尊敬してるって女の子に言ったらちょっと引いてましたよ。

「それは男として……って。」

そこは残念でしたけど。でも先生のようになりたいのでこれからもついていきます!

f:id:oomori662:20191027105956j:image