スーパーノヴァの読書日記

主に本について書いています。たまにドラマや音楽や映画についても語ります。気軽にコメントいただけたら幸いです。

「グラスホッパー」 伊坂幸太郎

なんと豊かな殺し屋小説なことか。もう何度読んだかわからないくらいに好きな一冊だ。

伊坂幸太郎さんらしさが存分に発揮されているのである。

巨大な悪、個性豊かな殺し屋たち、悲運な主人公、伊坂マークによる場面転換、ジャッククリスピンによる名言、巧みな伏線回収と時間の使い方。

普通な主人公と夫婦愛による感動も持ち味の一つだ。

語り手を務めるのは三人。一人ずつ紹介させていただく。

 

鈴木は妻を轢き逃げして殺した男に復讐するためにフロイライン(令嬢という意味)の社員になる。フロイラインの社長の息子が轢き逃げ犯だったのだ。

ところが、轢き逃げした男は目の前で何者かに押されて道路に飛び出てしまい、車に轢かれてしまったところを目撃した。この業界には「押し屋」と呼ばれる殺し屋がいるという。

鈴木は社員の命令で押し屋の足どりを追うことになる。

語り手の中で唯一武器も能力も無いが、妻との思い出が人間としての強さとなり、幾度のピンチを乗り越えていく。

 

鯨は大柄な男で自殺専門の殺し屋をしている。

何故か俺の目を見るとみな死にたくなるのだと語ってはいるが、それは鯨が「お前は死ぬんだ」と脅すからに他ならない。

ちゃんと遺書も書かせるから最高峰の殺し屋と言えるのだろう。

順調に仕事をしていた鯨だったが、次第に自殺させた人の亡霊が見えるようになり、亡霊からの言葉もあり過去に押し屋のせいで仕事を失敗したことを思い出す。

鯨もまた事故現場を目撃していて過去の清算の為に押し屋を追う。

 

蝉はナイフ使いの名手で岩西とコンビを組む。

猫のような身のこなしで体術にも優れている、茶髪の青年だ。

人を殺すことに罪悪感は感じないのだが、シジミが水中で呼吸しているところを見て、生きていることを感じる哲学感を持つ。

名前は無かったのだが、岩西がお前はやかましいから蝉だと名付け、自身の存在について悩みを感じたりもする。

ある時、鯨の殺害を依頼されるが、失敗してしまい、この業界で名が知れる程の殺し屋になれば名誉挽回できると考え、押し屋を追うことになる。

 

見どころが多すぎて語りきれないので、人気キャラ(?)の蝉については別に書きます。とにかく岩西による名言が最高なのです。

感想としては読めば読むほどに味が変わっていく小説と言えます。

鈴木が殺し屋たちに巻き込まれたわちゃわちゃ感の印象が強かったですが、繰り返し読むうちに蝉の心の旅や鯨の寂しさについても考えられるようになりました。

ラスト、本当の勝利者は誰か。

これを理解するのまでに何年もかかりました。本当に名作です。

f:id:oomori662:20190710234752j:image