スーパーノヴァの読書日記

主に本について書いています。たまにドラマや音楽や映画についても語ります。気軽にコメントいただけたら幸いです。

一日一冊のブログの8ヵ月目でお願いがあります。

一日一冊のブログを始めて8ヵ月が経ちました。 今まで読んでくれた皆さま。本当にありがとうございます。 このブログを書いていなければ出会えなかった方が多くいます。とても支えになっています。 このブログを書いていなければ出会えなかった本や出会えな…

謎解きと人狼ゲーム

※この記事では「すごいニオイ」についてのお題を頂いていますが、かなり無視しています。そろそろはてブ陣営に怒られるのかな? 今回はハンマーチンパンジーと一緒に謎解きイベントに。 僕はあの探偵のように謎を呼ぶ体質ではないので謎を欲したならイベント…

「さよならドビュッシー」中山七里

本書はピアノを使った小説です。 ドビュッシーの「月の光」とかを聴く人は特に楽しめるのでしょうが、クラシックに強くない人にも楽しめます。 僕はクラシックを流しながらゆっくりと読書を楽しむ……という高尚なことはできないタイプです。 歌詞の無い音楽を…

「これは経費では落ちません!6️⃣」青木祐子

以前に書いたとおり、僕は出版社で働いています^_^ 出版社は製造業なので、石鹸会社に勤める森若さんの事情が少しわかるのがとても嬉しいです。 部署は全然違うんですけどね(^ ^) ドラマも相当面白かったのですが、シリーズ6作目の本書は今年読んだ小説の中…

「悪夢のエレベーター」木下半太

木下半太さんは脚本家兼俳優です。 小説家としても成功するのですから凄いです。 本書は2009年に映画化も果たしているみたいですね。 僕はどうやら脚本家の方が書く小説が好きみたいで、とても楽しめました。 小川順が目覚めると故障して停止したエレベータ…

「阪急電車」有川浩

流石、有川浩さんの作品は映像化が多いです。 本書も映画化していますが、以前に書いた「レインツリーの国」も映画化、有川浩さんの得意分野である自衛隊シリーズも映画化しています。 自衛隊シリーズの人気はとてつもないものがありますね。僕は「塩の街」…

今年のドラマ大賞

2019年は早くも暮れに近づいています。 この時期はこれを決めねばなりません。 そう!今年のドラマ大賞です!! 今年のドラマ大賞とは今年から僕が勝手に始めた賞のことで、今年に観たドラマの中で一番気に入ったドラマにあげる賞のことです^_^ いつかこの賞…

官能的な小説5選

今日は完全に18禁な内容です。 とはいっても際どいことを書くつもりはなく、本の紹介だけにしたいと思っていますが。 これらの紹介は恥ずかしいので、他人を巻き込むこととしますが、歌手のあいみょんさんは官能小説をよく読むらしいです。 それは文学的な意…

「東京二十三区女」長江俊和

僕は どこまで行っても中野は日本の東京 出身です。 シティーボーイとはよく言われますね。意味も分からず、「そんなでもないですよ〜」と答えるのですが。 ツラみもうれしみもある場所ですが、基本的にはアゲみざわです。 中野区は違法駐輪自転車の撤去の速…

僕が求める主人公像について

「スタフ staph」道尾秀介 今回はちょっとお悩み相談というか、僕が読書で抱える問題について書きたいと思います。 それは何度か書いたリアリティ問題とはまた別です。 ちなみにリアリティ問題はこの場面でこの行動をするか?このセリフをはくか?というシー…

「ねじまき片想い」柚木麻子

本書は現在片想い中の人が読むと片想いが加速すること間違いなしです。 愛する人に近づく災厄は取り除きたい、矛盾してるけど、彼の恋も応援したい。 彼と話すだけでうっふふーとなるが、それが彼にバレるのも周囲にバレるのも恥ずかしい。 もちろん周りの人…

「小説 心が叫びたがってるんだ。」著/豊田美加 原作/超平和バスターズ

片想いウィークの2作目です。 これも映像化したものです。アニメ映画と実写映画で合わせて2度の映像化です。すごいですよね。脚本が良かったのでしょう。 僕はアニメ映画を観た記憶が薄っすらとあるのですが、ミュージカルがとても楽しかった印象にあります…

「全員、片想い」設楽朋

本日から片想いウィークを開催します。 といっても片想いのある書籍を3日連続で紹介するだけなのですが^_^ 片想い経験者の方に、キュンキュン時々、もどかしさを与えられるように頑張ります。 あと、もうすぐクリスマス&2019年が終わりなので片想いは今年中…

「ボッコちゃん」星新一

「ボッコちゃん」は50編が収録されたSFショートショート小説です。 星新一先生自らが収録作品の編集に携わっています。 だからなのか、ドラマ化・マンガ化作品が多数入っています。もしかしたら映画化したものもあることでしょう。 収録作品の「おーい でて…

「インシテミル」米澤穂信

先日中国人の友だちに記事をほめられました。 彼は本を読みません。僕の友だちは本を読まないやつばかりです。 ほめてもらった記事は6月23日に書いた「容疑者Xの献身」でした。特にこの一文が気に入ってくれたらしいです。 《映画での福山雅治VS堤真一&松雪…

「彼女の人生は間違いじゃない」廣木隆一

書店で過ごす時間は僕にとっては夢の国のようで、素敵な出会いの場です。 書店に通うことで彼女ができるならばなおいいのですが、そんなはずもなく、物語の中での美女に逃げることとします。 本書の表紙は美しいですね。 女性の横顔も美しいですが、色使いも…

「賢者の愛」山田詠美

賢者とは賢い人とか優れた人という意味があるみたいです。これは辞書にありました。 賢者はドラクエ3というゲームで、メンバーに必ず居た方がいい職業のことだよなというのは僕の感想です。 話を戻しますが(自分で脱線させたのですが)、「賢者の愛」という…

もうすぐ、冬ですね。

今週のお題「紅葉」 今回はお題から発想を飛ばして季語について書きます。 というとプレバトみたいですね。 プレバトをご存じない方はすみません。毎週芸能人が俳句を詠む番組です。僕の中で今、特に面白いバラエティ番組なのです。 お題は紅葉でいただきま…

ピースと又吉直樹さんの話をします。

「火花」又吉直樹 ※今回は脱線しまくりです(^ ^)今回もかな? 又吉直樹さんはピースというお笑いコンビのボケ担当です。 相方の綾部さんは熟女好きで知られ、今はニューヨークで何かしているみたいです(^^) 英語も得意とは言えない中、単身ニューヨークに渡…

「疾風ガール」誉田哲也

誉田哲也さんは結構青春小説を書いています。 「武士道シックスティーン」シリーズは高校剣道の話です。タイプの違う2人の女子高生が剣道で戦います。 映画化もしていて、剛の剣道の使い手は成海璃子さんが、柔の剣道の使い手は北野きいが演じています。 小…

「博士の愛した数式」と「物語の役割」

今回は小川洋子さんの本を2冊紹介させていただきます。 始めは「博士の愛した数式」です。 これは感動長編ですね。映画化もされました。 本屋大賞を受賞したのもうなづけますね。 家政婦さんが派遣された家には博士が1人暮らしです。 博士は交通事故で脳を損…

「左手首」黒川博行

悪夢を見ることが多々ある。それは大体同じ内容だ。 それは殺人を犯す夢。殺害のシーンはないのだが、殺人という事実だけが残り、母親に叱られたり、警察に脅かされたりしている。 夢のあと、目が覚めたとき、ひとときの安堵を味わう。 しかし、そのあとすぐ…

このミス大賞作品は粒揃い

「勘違い 渡良瀬探偵事務所・十五代目の活躍」猫森夏希 「次に読む本が見つからないよー。どうしたらいい?スーパーノヴァさん??」 「そんなあなたに!はい、このミス大賞作品!!」 CM風にきめてみました(๑>◡<๑) 僕のブログでは何度もこのミス大賞作品が…

「僕の人生には事件が起きない」岩井勇気

岩井勇気さんのコラムは何度かYahooニュースで読ませていただきました。 それは組み立て式の棚の話と同窓会での嫌な奴の話でした。 特に同窓会の話は面白く、あっという間に読めてしまったので、これは何文字だ?と疑問感じ、調べたことを思い出しました。 …

「アナザーフェイス」堂場瞬一

堂場瞬一さんは警察小説とスポーツ小説で有名です。 この記事を書くときに堂場瞬一さんのウィキペディアを読みましたが、作品リストがとても豪華でした。 警察小説はドラマ化が多数でスポーツ小説は野球や陸上など項目毎に分けられています。 「アナザーフェ…

クリスマスで脱線しよ

「クリスマスを探偵と」伊坂幸太郎 もうすぐクリスマスですね。 クリスマスの過ごし方は十人十色だとは思いますが、僕は大体ファミマに行きます。 お店のおすすめのチキンを買って家で読書です。 クリスマスでは僕みたいな男は出歩かない方が世のためです。 …

裁判員裁判を昔話でやってみました③

「昔話法廷 season3」NHK Eテレ「昔話法廷」制作班 編 坂口理子 原作 イマセン 法律監修 このシリーズについて書くのは3回目なので、世界観の説明は詳しくはしません。 動物には人権があるものとないものがいます。僕の予想では巨大化するか人の言葉を話すか…

映画「耳をすませば」と聖蹟桜ヶ丘散歩

気の合う友だちがいる。 ひょんなことで「天気の子」の話になり、僕が「警察弱すぎない?」と言うと「わかる〜」と言ってくれた。 その後僕は調子に乗って、トトロは森の妖怪の話だ!とかまっくろくろすけは黒い虫だ!とか王蟲はよく見ると気持ち悪いとかい…

「ゼロの迎撃」安生正

香港が非常に危険な状態で心配ですね。 警察が市民に暴力をはたらく。事情があるのでしょうが、命だけは奪わないで欲しいです。それはもちろん市民が警察の命を脅かしてもいけないのですが。 上海にいる友人も心配です。 日本の国内は平和ですが、外国からは…

町田散歩

今日は元格闘家の友だち・ハンマーチンパンジーと町田リス園に行きました(^。^) 園内は上野動物園よりは遥かに小さいくらいのアットホームな感じ。 色んな動物がいました。 デグーはプリズンブレイクがしたいみたいです。僕らはそれを応援しています(笑) リ…