スーパーノヴァの読書日記

主に本について書いています。たまにドラマや音楽や映画についても語ります。気軽にコメントいただけたら幸いです。

マンガ

こうして集めてみるとかわいい子が好きなのがバレてしまいますね。

100日後に死ぬワニ きくちゆうき

今週のお題「わたしの部屋」 皆さまお久しぶりでございます。スーパーノヴァです! 初めましての方もいらっしゃるかもなので、改めて自己紹介です。 僕の名前はスーパーノヴァと言います。 みんなからは「のぶさん」(本名)とか「あきちゃん」(本名)とか…

「君の膵臓をたべたい」住野よる

ちゃんと書いてなかったのが後悔として残っていたので、3度目のキミスイです(๑˃̵ᴗ˂̵) さっそく、本の話を!といきたいところですが、脱線するのがこのブログなので、先に映画の話です。 ちなみに僕は書店員の特権を活かして試写会に行きましたよv(^_^)イエーイ …

「女の人を怒らせない技術」近藤俊太郎 著 サカモトトシカズ 漫画

副題 マンガでよくわかる女性とのコミュニケーションの鉄則 ※これは帯が面白かったので、貼り付けさせていただきました。 これは書店で見つけた瞬間に購入を決めました。 一目惚れっていうやつですね(^ ^) 女性を怒らせない技術、僕には必要です。 今まで何…

アール座読書館で差別について考えた

今回は高円寺にある「アール座読書館」に行ってきました。 高円寺は東京のベッドタウン、もしくは若者の街です。 よく下北沢と比べられますが、下北沢はおしゃれな芸術の街で、高円寺は古びた雰囲気で古着で有名な街です。 高円寺にはダチョウ倶楽部さんの目…

一日一冊のブログの8ヵ月目でお願いがあります。

一日一冊のブログを始めて8ヵ月が経ちました。 今まで読んでくれた皆さま。本当にありがとうございます。 このブログを書いていなければ出会えなかった方が多くいます。とても支えになっています。 このブログを書いていなければ出会えなかった本や出会えな…

神保町読書会で「魔王」を紹介してきました。

神保町という名前を聞くだけで文学好きの方は血がたぎるのではないでしょうか。 ここは東京の文学の中心地、ここでは何を言っても文学になりそうです。 僕が最近ハマっている文学的なものは滝沢カレンさんの言葉です。 ぜひ「滝沢カレン 鯖の味噌煮」で検索…

ラグビー人気に便乗するが、話すのはお笑いの話

「アイシールド21」作画 村田雄介 原作 稲垣理一郎 4巻 31st down シュークリームパーティー 僕の1番好きなマンガを持ってきました。 本書はアメフトのマンガです。そう!あのラグビーとごっちゃにされそうなスポーツです。 ラグビーと似ている点は楕円球を…

いじめ ダメ 絶対! 3選

今回は僕の考えから始めます。いじめ問題についてです。 タイトルでも使っておいてなんですが、いじめという言葉はできれば、使いたくないです。 これは大人が作った言葉で最近になってようやく定義付けがなされた言葉です。 教室で起きている一件一件の事案…

「岸辺露伴は叫ばない」 アンソロジー

本書の主人公はスマホで「きしべろはん」と打つとちゃんと「岸辺露伴」と漢字で出てくるほど、有名なキャラクターです。 そう、ジャンプで大人気だったジョジョってマンガのことだよおぉぉぉ!!! ジョジョを知らない人にもよおぉぉ、岸辺露伴を伝えるのが…

「川柳少女」 五十嵐正邦

僕は性格的な問題で連載中のマンガを買うことができません。 それは最後まで面白い保証がないのに数十冊に投資しなければならないリスクを避けるためです。(臆病な性格なのでしょうか。) なので、「はじめの一歩」を全巻揃えるために今のところ中だるみが…

伊坂幸太郎が生む名言が僕を作っています

マンガ「魔王」「waltz(ワルツ)」 どちらもマンガで作画を大須賀めぐみさん、原作は伊坂幸太郎さんです。 伊坂幸太郎さんには「魔王」という著作があり、これは超能力を持つ兄弟が大きな社会のうねりと闘う話です。 超能力についても語りたいのですが、面…

天才外科医のライバルについて

「Dr.キリコ 白い死神」 sanorin 全5巻 原作・手塚治虫 脚本・藤澤勇希 今回はマンガの紹介です。 僕は日本を代表するマンガは手塚治虫さんの「ブラックジャック」だと思っています。 医師免許をもたず、一度の手術に法外な金をとるが、手術の腕は日本一、…

電車男は一世を風靡した。

最初にちょっと昔の話を。 僕の初デートは「電車男」の映画だった。同じバイト先の女の子を誘って奇跡的にオッケーをもらえたのだ。 館内の待ち時間では映画の主題歌である、ORANGE RANGEの「ラプパレード」が延々と流れていた。 いざ、上映。電車男がエルメ…

「アウターゾーン」 光原伸

第4巻19話「魔神の手」より 30年前のマンガを紹介します。 アウターゾーンはオムニバス形式のストーリーで主人公が毎回変わる。「笑ゥせぇるすまん」とよく似ていると言ったら作者に怒られそうだが、事実だろう。 表紙の女性はミザリィという。彼女が主人公…